【はじめての方へ】なぜ資産運用をするのか?
トライオートETF

【トライオートETF】13週目運用報告:今週の不労所得はゼロ円

トライオートETFは、世界のETF(Exchange Traded Fundsの略で、「上場投資信託」)を自動売買が可能なサービスです。

自動売買ではリピート注文(自動連続注文)を採用しているため、毎日の値動きに対して、自動で新規注文、決済を繰り返します。

過去の実績から選ぶだけの自動売買セレクトや、自動売買を自分で作りたいという方の作成ガイド機能など投資初心者の方にもわかりやすい機能を標準で利用できます。

10月は世界同時株安で大ダメージを受けています。

私が運用しているナスダック100トリプルの「スリーカード」と「ライジング」1口ずつ買ってみた13週目の運用結果をどうぞ。

トライオートETF

13週目(10月15日の週)の運用報告

今週の不労所得はゼロ円でした。

この中でも稼げている方はいるので、まだまだです。

今から始めてる人は稼ぎやすそう・・・。つまり口数増やせばいいのか・・・?

はい、甘い考えでライジング1口増やしてみました笑

カスタムとか名前つけちゃってますが、設定価格下げて上限価格を設けただけですw

かっしーの運用配分は?

私は「ナスダック100トリプル」のライジング2口とスリーカードを1口で運用しています。

【ナスダック100】とは?

ナスダック上場企業のうち代表的な100社のことで、ナスダック上場株式のうち代表的な100銘柄で構成される株価指数のことです。

「トリプル」とついているので3倍値動きがあるようなものだと思ってください。

これを選んだ理由は当時単純にリターン率がダントツに高かったからです。笑

f:id:h-kashi:20180816224055j:plain
かっしー
かっしー
ほら、凄くないですか!?このリターンに目が眩みました。笑

スリーカードとは?

確定利益と評価損失のバランスが取れているので中長期で保有し、置きっぱなしにするような投資スタイルに向いていると考えられます。

ただ、基本的には上昇局面に強いロジックになるので注意は必要です。

ライジングとは?

ライジングはより積極的にいきたい方におすすめです。

確定利益はスリーカードよりも多いため、うまく下落局面を回避できれば、スリーカードよりも利益を多く得られる可能性が高いでしょう。

私は回避できていないため1ヶ月利益出ていません。笑

高値掴みを防ぐために上限価格を設定しました!

今まではセーフティ設定の存在すら知らなかったので一歩前進といったところでしょうか。

慣れてきたら損切設定もして回転率を上げていきたいとは思います。

新ロジック「カウンター」登場

下落局面で取引を行うカウンター値にこだわった設定で、上昇局面に強い「ライジング」と組み合わせることで大きな価格変動で利益のチャンスを狙える新ロジック「カウンター」も9月18日にリリースされたので気になるところです。

ちなみに、新ロジック「カウンター」はナスダック100トリプルで1口45,000円ぐらいで購入できるようです。

累計運用報告

累計約4,000円の不労所得で変動なし。

あまりに変動がないので面白くなく、1口追加してしまいました。笑

うーん、来週また下がっていくとロスカット食らうかな?

まあ、暴落後なのでこれから始めようって方は、上がると予想しているようであれば面白いかもしれませんね!

ちなみに、マネーハッチという、インヴァスト証券のインヴァストカードによる「元手資金ゼロからはじめる資産運用」というのもやっています。

別記事で詳細を書いてますので良かったらこちらもどうぞ。

元手資金ゼロからはじめる資産運用!?噂のインヴァストカードを申し込んでみたインヴァストカードは元手資金ゼロ円で資産運用が可能。ポイント還元率は1%以上で貯まったポイントは1ポイント1円から自動で現金に還元され、自動で積立投資が行われます。...

まとめ

  • 今週の不労所得はゼロ円
  • ライジング1口追加

世に自動売買を謳っている運用商品は多数ありますが、インヴァスト証券のトライオートETFはハイリターンですので、もちろんリスクもあることは頭に入れておいてください。

自分は安全に運用したいって方は推奨証拠金より多めに入金することをオススメします。

とりあえず、しばらく使わない予定の眠っているお金があるのであれば運用してみると面白いと思いますよ~!

しかも今ならキャンペーンもやっているみたいです!これを機に始めてみてはいかがでしょうか?

\キャンペーン中に無料で口座開設/

トライオートETF
あくまでも、投資は自己責任ですので、余剰資金(なくなってもいいお金)でやるようにしましょうね。

読んでいただきありがとうございました◎