【はじめての方へ】なぜ資産運用をするのか?
スワップ投資

FXは危険?極限にリスクを抑えて効率よく資産運用しよう!

1,000万円損した…
値動きが気になってしょうがない…

FXって上の会話みたいなイメージありませんか?私もそう思っていました。

そもそもFXとは?
・FXとは外国為替証拠金取引の事
・FXはレバレッジをかけて取引ができる
・FXは株と違い24時間の取引ができる

FXがハイリスク・ハイリターンで危険とイメージを持たれがちなのはレバレッジをかけるからなんですよね。

レバレッジとは?

レバレッジとは「てこの原理」と言われますが、FX取引において、
少ない資金で大きな金額の取引出来ることをレバレッジ効果と呼びます。

例えば、10万円の資金に対して100万円分の取引をした場合
レバレッジ比率は10倍となります。

図にしてみましたが、絵心無い私が挑戦した結果です。笑

見てくれは残念ですが、レバレッジについてイメージつきますよね?

ここから本題のFXでリスクを抑えて効率的な資産運用する方法についてです。

FXでリスクを抑えて効率的な資産運用するには?

  • レバレッジを1倍にする
  • 積立FXをする(ドルコスト平均法)

他にも自動売買等ありますが、商品によっては自分で設定したりハードルが上がるため、今回は誰でも簡単に出来る方法としてこの2つを挙げました。

レバレッジを1倍にする

まず1つ目ですね。

FXには含み損が大きくなりすぎた場合にロスカット(強制決済)というものがあります。

基本的には買いポジションを持った価格から、価格が「レバレッジ分の1」下落した場合ロスカットになります。

1ドル=100円のときに、レバレッジ10倍で買いポジションを持った場合ロスカットは何円?

レバレッジ10倍、つまり価格が10分の1下落したらロスカット。

つまり、100円÷10=10 なので、100円-10=90円 でロスカットされます。

まとめ
1ドル=100円のときに買ったポジションは
10円下がった1ドル=90円のときにロスカットされる

ロスカットの計算方法、案外簡単じゃないですか?

この調子でレバレッジ1倍の場合も見ていきましょう。

1ドル=100円のときに、レバレッジ1倍で買いポジションを持った場合ロスカットは何円?

先ほどと同じように計算してみます。

レバレッジ1倍、つまり価格が1分の1下落したらロスカット。

つまり、100円÷1=100 なので、100円-100=0円 でロスカットされます。

まとめ
1ドル=100円のときに買ったポジションは、
100円下がった1ドル=0円のときにロスカットされる

あなたは将来的に1ドル=0円になると思いますか?

かっしー
かっしー
私は思いません!

ちなみに、米ドル/円の史上最安値は75.54円(2011/10/31)です。

ギリシャ発のヨーロッパ金融危機で世界的な金融不安が広がり、史上最安値が更新されたのは記憶に新しいですよね。

米ドル/円に関して言えば、レバレッジ4倍でも史上最安値付近までの下落なら耐えることができるということです。

そのため、レバレッジ1倍であればほぼリスクはゼロと考えていいと思いますが、FXの良さは消えてしまいますよね。

レバレッジ1倍のまとめ

メリット
ロスカットリスクは極めて低い
デメリット
安全重視な分資金効率は悪くなる

リスクは極力抑えて、より効率的に運用するには?

現在(2018/9/20)の価格1ドル=112円で見ると、レバレッジ3倍がおすすめです。

つまり1ドル=112円のときに買ったポジションが、史上最安値の75.54円よりも下である1ドル=74.6円になるまでは耐えることができます。

史上最安値を更新するかも知れない!と考えた場合は3倍よりレバレッジを低くすればいいのです。

FXって、ロスカットラインをしっかり抑えて運用すれば効率的な運用方法ではないですか?

レバレッジを低くするだけでも十分リスクは抑えれることが分かりましたね。

積立FX(定期外貨取引)とは?

今までのFXでは、レバレッジを効かせて短期売買する裁量トレードが主流で、大儲けするか、大損するという、まさにギャンブルに近い雰囲気でした。

積立FX(定期外貨取引)は、SBIFXトレードが提供しているサービスのことで、低レバレッジ””積立”の合わせ技でよりリスクを抑えることができます。

  • 投資経験がないFX初心者も簡単にスタートできることが魅力
  • 積み立て金額は1ドル(100円)からOK
  • 一般的な外貨預金と比較すると手数料は圧倒的有利
  • 100%信託保全なので、業者が破たんしても預け入れた資産の100%が保証

ドルコスト平均法とは?

出典:金融庁のHP

ドルコスト平均法では定額で積立で購入することにより購入単価を平均化することが出来ます。

積立FX

かっしー
かっしー
銀行や証券会社の「外貨定期預金」とは違うの?

それでは、積立FX(外貨定期取引)と外貨定期預金を比較してみましょう。

積立FX(定期外貨取引)を外貨定期預金と比較してみた

  1. 手数料(FX:スプレッド)
  2. 金利(FX:スワップポイント)
  3. 取引業者が破綻した場合

積立FXの手数料は格段に安くなる?

まず外貨定期預金について見ていきますね。

通常、大手銀行で1ドルを買う場合、片道1円の為替手数料が必要です。

つまり、1ドル100円のとき、手数料は1%相当。運用した後に再び円に戻すだけで、為替手数料は合計で2%相当

手数料が最も狭い米ドルでも、買った瞬間に2%のマイナスになってしまいます。金利でこの手数料を取り戻すには、大変な時間がかかりますよね。

同じドルでも米ドル以外の豪ドルやNZドルであれば片道6~7円。このように、更に為替手数料が高く設定されています。

なので、円安で為替差益を大幅に得ないと、利益を上げるのはかなり大変です。円安になるかどうか予想できますか?半ば運任せになりますよね。

一方、SBIFXトレードを例に出しますが、1ドルあたりFXだと0.27銭(1円=100銭)。ちなみに、積立FXのサービスでも5銭。

手数料だけ見ても約370倍もの差が・・・!

銀行や証券会社から外貨定期預金を勧められるイメージありますが、どうなんでしょう?手数料だけでこんなに差があるって知ってもやりますか?

というか外貨定期預金を始めただけで銀行は2%儲かり、投資家は2%損をするようなものでは…。

続いて、金利(スワップポイント)についても見ていきましょう。

金利(スワップポイント)はどちらがお得?

FXの場合、外貨預金の金利に相当するものをスワップポイント(2通貨間の金利差のこと)と言います。

金利とスワップポイントどれくらい違うでしょうか。

大手銀行とFXで比較してみましょう。データ取得日は2018年9月29日です。

外貨定期預金金利(米ドル) FXのスワップポイント(米ドル/円)
三菱UFJ銀行:0.62%~
みずほ銀行:0.40%~
りそな銀行:0.45%~
SBI FXトレード:2.21%
くりっく365:2.38%

ご覧の通り圧倒的にFXに軍配が上がりますね。

外貨預金の為替手数料は、FXに比べて何百倍も高く、金利(スワップポイント)はFXの3分の1にも満たしませんね。

かっしー
かっしー
外貨定期預金は情弱向け投資商品と呼ばれるのもわかってきた…。

取引業者が破たんした場合は?

FX業者や銀行が経営破たんしてしまったら、私たちのお金はどうなるでしょうか。

FX業者が経営破たんする場合

預入証拠金は、100%保護されます。

つまり、投資家に全額返還されるということです。預入額が1円でも、1億円でも、全額戻ります。

銀行が経営破たんする場合

外貨預金が手元に戻る保証はありません

銀行の資産と負債の状況次第で、相殺や買取によっていくら戻るかが決まりますが、経営破たんしているのですから100%戻ると考えるのは難しいでしょう。

このようにFXと銀行では保護レベルが全く違います。銀行は「預金」なので、安全そうなイメージありますよね。

しかし、FXの方が比較にならないくらい安全です。

まとめ

  • FXはレバレッジ管理しっかりすれば怖くない
  • レバレッジ1倍ならロスカットリスクは極めて低い
  • 積立FX(ドルコスト平均法)でよりリスクを抑えることが可能
  • 外貨預金するぐらいなら断然、100円から積立可能なFXで!

\積立FXをはじめてみる/

読んでいただきありがとうございました◎